http://cx2.scitec.kobe-u.ac.jp/counter/counts.exe?link=kansai&width=7


トップページ
支部長挨拶
支部役員
支部の活動
電気化学セミナー
電気化学講習会
関西電気化学研究会
第1回関西電気化学研究会
第2回関西電気化学研究会
第3回関西電気化学研究会
地方講演会
総会
お問い合わせ


リンク
電気化学会

2020年度第2回関西電気化学研究会Webinar
主催 本会関西支部

会告はこちら

 

 参加申込受付中

関西支部以外の支部会員の申し込み歓迎

 

◎日時






2020年9月17日(木)  17:00〜19:15

◎会場






Webinar形式 

◎趣旨説明

17:00〜17:05

◎講演

1. (17:05 - 18:05)
久保田 圭 氏 (東京理科大学 研究推進機構 総合研究院)
「層状酸化物正極材料の電気化学的Li, Na, Kインターカレーション反応」

 1980年に,グッドイナフ教授と水島氏がLiCoO2の電気化学的リチウムインターカレーション特性を報告して以来,リチウムイオン電池の正極材料には主に層状酸化物が使用されている.本講演では,リチウム含有層状酸化物をはじめとして,次世代蓄電池として注目されているナトリウムイオン電池・カリウムイオン電池における層状酸化物正極材料の電気化学アルカリ金属インターカレーション反応について紹介する.

2. (18:15 - 19:15)
村上 良 氏 (甲南大学 理工学部)
「微粒子で安定化されるソフトマテリアル〜エマルション・泡・ドライ液体〜」

 ナノ・マイクロメートルサイズの微粒子は,油/水界面や空気/液体表面などの流体界面に吸着し,微粒子の吸着膜を形成する.この微粒子吸着膜によりエマルションや泡などの流体から成る分散系が安定化される.この安定化における重要な因子は,微粒子の流体界面に対する濡れ性である.本講演では,微粒子の濡れ性の制御に着目して行われた研究(エマルションの転相現象や液体の粉体化(ドライ液体の安定化)など)を紹介する.



◎研究会参加費  無料

 

◎申込方法

  9月14日 (月)までに,氏名,所属,連絡先(TEL,E-mail)を明記の上,

  おひとりずつ下記申し込み専用URLにてお申し込み下さい.

  https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=yP6nGC9lm0CDaSctnOgGIDfYzJ__DCFNtquvxfBNeCZUMTRJWTFPRkEwU0RTOFk1SjY5VzBMTzM1TC4u

 

 

◎注意事項

  ※参加方法等については,後日申込者へ個別にお知らせいたします.
  ※ビデオ会議システムはZoomを使用いたします.
  ※参加人数が多数の場合,お申し込みを締め切る場合がございますので,お早めにお申し込みください.
  ※講演資料の配布はございません.

 

◎連絡先
  関西電気化学研究会事務局 朝日 将史

  〒563-8577 大阪府池田市緑丘1-8-31

  国立研究開発法人 産業技術総合研究所
  エネルギー・環境領域 電池技術研究部門
  次世代燃料電池研究グループ内

  TEL: 072-751-9653
  E-mail: ecsjk-kenkyukai-jimu(at[@にご変更ください])aist.go.jp